食品リサイクル.jp よくある質問

食品リサイクル.jp ウム・ヴェルト株式会社食品リサイクル.jp マスコットキャラクター バトン君1都7県対応お問い合わせ 0120-087-153
TOP食品リサイクル.jpとは実績紹介リサイクル品目ご利用の流れよくある質問お問い合わせ
  1. 食品リサイクル.jp トップ
  2. よくある質問
よくある質問
Q&A
 
Q.調味料のような肉エキスや肉エキスパウダーは、動物由来食品循環資源(90℃以上 60 分間 以上の加熱処理等の対象)に含まれますか?
A. 調味料のような肉エキスや肉エキスパウダーは、「動物由来食品循環資源」に該当しますが、その うち、「肉等の塊がなく、常温で 6 か月以上保存可能なエキス(肉エキスパウダー含む。)」は、加 熱処理等が必要なものとの接触がない場合には、「処理済食品由来動物由来食品循環資源」(=90℃ 以上 60 分間以上の加熱処理等の対象外)に該当すると判断することができます。
 
Q.ラードは、動物由来食品循環資源(90℃以上 60 分間以上の加熱処理等の対象)に含まれま すか?
A. いわゆる「ラード」は、その他加熱処理等が必要なものとの接触がない場合には、「処理済食品由 来動物由来食品循環資源」(=90℃以上 60 分間以上の加熱処理等の対象外)に該当すると判断する ことができます。 なお、豚の脂身はラードではありません。
 
Q.製パン工場でソーセージパン等の肉を原料としたパンを焼成する段階で、ソーセージ(肉) の中心温度が70℃以上30分間以上であることを中心温度計でのモニター記録で確認してい れば、当該パンは「処理済食品由来動物由来食品循環資源」であると考えてよいですか?
A. 原料となる「肉」について、その中心温度が 70℃以上 30 分間以上に達していることが測定により 確認され、記録により担保されるのであれば、「処理済食品由来動物由来食品循環資源」であると考 えることができます。肉と肉以外のものの混合物など、肉の加熱を阻害するような物質が含まれてい ると判断すべきか、判断に迷う場合は、個別に御相談ください。
 
Q.食品リサイクルに対応する品目は?
A. 動植物残渣(野菜屑、食用油、食品ロス、食べ残し残飯)などです。お問い合わせください。
 
Q.平成31年度までに何%達成すればいいの?
A. 法律の改正に伴い、業種別に再生利用等の実施率目標が引き上げられました。
(平成27年度から平成31年度まで)
  • 食品製造業:95%
  • 食品卸売業:70%
  • 食品小売業:55%
  • 外食産業  :50%
 
Q.休日は回収できるの?
A. 祝祭日含め、対応しています。
 
Q.回収はどんな形態で運搬するのか
A. アームロール式コンテナ(鉄箱)、プラドラム、プラスチック容器、袋などです。
 
Q.回収エリアは?
A. 関東近郊となります。
 
Q.回収頻度は?
A. 一ヶ月に一度程度~毎日まで対応可能です。
 
Q.梱包されているものは回収可能ですか(お菓子袋、ティーパック、缶詰など)
A. 可能です
 
Q.チョコレートや飴などの固まり(工場から出たもの)も処理できますか
A. 可能です
 
Q.処理費用はかかりますか
A. 物の状態、品質等によっては、買取できることもあります
 
Q.食品リサイクル品目以外の廃棄物もリサイクルできますか
A. もちろん、廃プラ、汚泥、一斗缶など様々な物が対応可能です。
詳しくはこちらの一覧PDFPDFを御覧ください
 
Q.電子マニフェストに対応してますか
A. 対応しています
 
お電話のお問合わせはこちら

0120-025-374